Makotoのひとりごと

雑記、二次小説とか…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

夜明け前より瑠璃色な Ⅱ

菜月、ミア、麻衣、さやかおわりました。
まあ、最終章への助走っていう感じですね。
どのルートも、もったいない!

もっと、深く掘り下げて欲しかったです…が、最終章で良さが分かるのでしょうか?
とりあえず、追記で

菜月:
よくある幼馴染ルートでした。
まあ、悪くはないですけど…獣医を目指した背景と彼女のがんばりの必然性を感じないですね。
大好きな達哉と離れ離れになってでも果たそうとした獣医。
その背景としては、ちょっと貧弱だったような気がします。
それに、そんなに思っていたのなら、達哉が忘れていることにもっとショックを受けて、あそこからもうひと波乱ぐらいあっても良かったかな?と。

ミア:
な~んかよく分からないうちに、「すきすき」モードに入っていたって感じでしたね。
もう少し、徐々に達哉が好きになる過程が欲しかったです。
まあ、キャラ的には大好きなメードさんですし…悪くはなかったです…けど
最後は、やはり、フィーナが残らせるんだろうなと思ってましたが、果たしてそのとおりになってしまいました。
もう少し、フィーナと別れるところで、涙がほしかったです。
フィーナと一緒に帰りたいけど…帰りたくない。
最後はフィーナが女王の威厳を見せて…
「あぁ、私がいなくてもフィーナ様は大丈夫」
なんて思って、地球に残る → でもフィーナ様のひとり立ちはショック…だけどうれしい。
で、達哉との何かエピソードがあって → 終幕なんてのがいいですね。
自分で書こうかな…

麻衣:
基本、義妹とか実妹のあまり好きでないMAKOTOにとって、どうでもいいキャラ…だった…はずなんだが…
結構やるじゃないか…と。
か、か、かわいいじゃないか…

というか、実は話のメインが3人の苦悩だったから良かったような気がします。
たしかに、この状況ではさやかのショックは計り知れないものがあるように思います。
小さいときに交わした約束かもしれないけれど、やはり、さやかには教えてあげないとなぁ…
と、結局、お姉ちゃんびいきのMAKOTOでした。

さやか:
ふ、ふ、ふ。
「そして、明日の世界より-」の夕陽の「あいあい」に匹敵するさやかの「よしよし」
萌え~
さやかおねえちゃんに言われてみたい。

ストーリー? そんなのどうでもいい!
…うそ、っていうか、正直ストーリーはいまいち。
どっちかっていうと、もったいないって感じ?
もう少し、感情の起伏を見せてほしかった。
特に、オーガストさんは、Another Viewなんてのがあるんだから、そのへんでがんばってみて欲しかったにゃあ…と。

ま、とりあえず、おねえちゃんがよかったです。あと、制服もいいですよね。

では、最後の攻略に向かいましょう


  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://tamanee.blog105.fc2.com/tb.php/278-8fc3a246

Menu

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

リンク(バナーあり) ▼

カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

ココロ ▼

ブログ内検索 ▼

FC2カウンター ▼

FC2カウンター ▼

フリーエリア ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。