FC2ブログ

Makotoのひとりごと

雑記、二次小説とか…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

とっぱらの感想など…

日本の皆様は、日曜日の昼下がり。
そろそろ、サザエさん症候群の方も…
こちらは、土曜日の夜なので、おっぱいいっぱいやって、ほろ酔い気分です。

先週ぐらいから、とっぱらにはまってまして、毎日美影に癒されてます。
って、ことで、感想などを追記で。
目いっぱい、ネタばれになりそうなので、覚悟してくること…
ほんとかな?

攻略は、藤花→千鶴美→瀬織→イソラ→穂波→幸子→美影の順に行いました。

藤花
かわいいですよ…文句なしに。
だって、青山ゆかりさんですから…
ストーリーも脇役としてはまずまずかとは思います。
鈴との因縁みたいなものも、少しSFチックでよかったように思います。
ただ、これは他のキャラにも言えるのですが、もう少しシナリオを長くして、掘り下げて欲しかったという気もします。
できれば、殺生石になる前にどのぐらい悪いことをしたのかみたいなことがあれば、最後のシーンはもっと生きてきたような気がします。
全体的に、藤花が、ちょっと優しすぎたような気もします。
玉藻の前なのですから、もう少し高飛車で残酷な感じほうが、萌えたかも…

千鶴美
まあ、こんなもんでしょ…とはえ、可愛いね。
正体は、まずまずとして、ちょっとうるさい感じがして、攻略中は少々うっとおしかったですね。
ただ、他のキャラを攻略している途中で出てくると、やっぱ、可愛いかな?
っていう気もして、結局、初め、鬱陶しかったけれど、シナリオコンプ後には、結構上位の位置にいたとういうのが現実ですかね?
でも、圭治、千鶴美にむちゃくちゃしすぎ…可哀想になってきた。
金田まひるさん、えぇ仕事してまっせ~

瀬織
設定は、良かったんだけど、ちょっと消化不良かな?
なぜ、橋姫になったかとうところまでは良かったんだけど最後がね…
2千年以上の橋姫生活と見切りを付けて欲しかったと…
とすると、もっと強烈なシナリオが必要なるかな…
まあ、脇役だから仕方ないのかな?
深井晴花さんって、「恋姫無双」の夏候惇とか、「わんことくらそう」の望月さんとかのイメージだったので、今回の役柄もそういえば、そういう路線かなって考えれば、シナリオの進み方も理解は出来ます…なんか、自分の道を突き進むんだけど…ちょっと迷いがあるみたいな…

イソラ
申し訳ないですが、イソラはちょっと…
ショタ好みの方にはいいのでしょうが…
私はちょっと…コメントは差し控えさせていただきます。
水鏡さんらしいのではありますが…

穂波
ストーリーを進める前から、穂波ルートで、美影はどうなるんだろう?
仲良くなったら美影はいなくなるんじゃ…と思ってましたが、まさに予感的中。
幸子までいなくなったって…
まあ、これはこういう世界かと…
みどりとしては、こういう世界もある意味、彼女の望んだことなのかもとは思いますが、ちょっと納得できない結末ですね。
美影ファンのMAKOTOとしては、これは許せない!! ぷんぷん!
美影と穂波を天秤にかけたら、絶対、美影ですよ…
アメリカで、独り身の私には、美影が欲しいですね…

音ちんとしては良かったんですけどね…

幸子
はっきり言って、全然やる気なしのキャラだったんですけど、こうまで、期待を良いほうに裏切られるとは思っても見ませんでした。
最後の招き猫を抱きながら消えていくシーンは、わんわん泣いてしまいました。
いや~結果としていいシナリオでした。
圭治とのかけひきっていうか、やりとりが本当にいい感じでした。
シナリオの途中で、藤花が「疫病神にしては…残り香のようなものが…」と言っていたので、何かあるのだなとは思ってましたが、いい意味で裏切られましたね。
攻略前、最低のキャラでしたが、攻略後、かなり上位になったキャラでしたね。
木村あやかさんの力量でしょうか?

美影
真打登場って感じで、本当に癒されましたね。
影女欲しい…
別に、取り付かれて殺されても構わないから…欲しいです。
でも、影女って、家にも憑いてるわけだから、ここなら、英語で話すんですよね…
そんな奴ならいらないかも…

でもね、実際…声がふーりんだし…
ふーりんの声で美影ですよ…
なら、やっぱ、死んでもいいから、取り付かれてみたい…

みどり
正直、このシナリオはよくわかりません。
みどりは、座敷童では、いずれ出て行かなければならないから、出て行かなくてもいい、影女になったわけでしょう? なのにどうして、また、座敷童にもどるのか?
そうしたら、また同じことの繰り返しじゃないか…と。

これだけは、ふーりんでも許せない(笑)…です。

やっぱ、せっかく、美影になったのだから、美影のまま終わって欲しかった。
このシナリオは、結局また、圭治を不幸にすることになるのでは…と思いました。
美影を消しちゃだめ!!!

全体を通しての感想としては、やはり、相手が妖怪(あるいは神)なので、時間感覚がおおらか(何千年も生きているとかいう意味)で、なんとなくまったりした感じは良かったですね。
ただ、シナリオ的には、もう少し掘り下げて欲しかったな…という気はしました。
でも、よく考えると、キャラメルBOXですからね…キャラに命を懸けてるところもありますし…
おとボクなんかと似たような感じがしてます。

ファンディスクが出たりしたら嬉しいんですけどね…
特に美影ルートなどは…


…佐久夜を忘れてた…
佐久夜も脇役としては、まずまずかと。
まあ、まきいずみさんらしい役柄ではまり役って感じでしたのでGoodでした。
最近まきいずみさんは、攻略できないキャラが多かったので、久しぶりに堪能しました。



  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://tamanee.blog105.fc2.com/tb.php/213-9d85b1d1

Menu

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

リンク(バナーあり) ▼

カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

ココロ ▼

ブログ内検索 ▼

FC2カウンター ▼

FC2カウンター ▼

フリーエリア ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。