FC2ブログ

Makotoのひとりごと

雑記、二次小説とか…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

最果てのイマ 終わった~

やっと終わったぞ~って、ネタばれ満載だから追記で…

久しぶりにいい話でした。
始めは精神宇宙人なのかと思っていたら、大宇宙論的な話なんですね…
忍が自分の精神の中に潜り込んで行くシーンを見て、なんか、宇宙の縮図みたいな話だな…と思ってましたが、まさにそのとおりでした。

この世界が、3次元の世界が、精神宇宙の中の一つのカテゴリーにすぎず、上位のカテゴリーが存在する。我々が思っている物理的な宇宙の外に我々の知らない宇宙があるという様なことが、精神世界でも存在していて、その上位の宇宙からの攻撃を受けるが、その上位の宇宙は、我々の世界とは独立した存在ではないなんて…なんとも、不可思議ですが…面白い仮説かもしれません。

もしかしたら、宇宙の真髄なのかも…だったら、ロミオって人は天才ですね。

私は、化学専攻だったので、何を見ても原子やクウォークのような粒子で捉えてしまう癖があります。

クウォークの次元でものを考えると、人間の中には大宇宙があり、その中には、人間の想像もできないものがあるかもしれないし、我々は、単なる粒子だと思っているが、意思を持っていることもあるかもしれない。大体、意思というもの自身を人間が定義したものだから、全く違う次元での物体が違う次元での意思を持っていることもあるかもしれない。手塚治虫も火の鳥の中でそのようなことを書いていたのを思い出しました。

そんなことを思い起こさせるようなストーリーでした。

戦争前のストーリーは、いくつか分からないところが…

・まず、笛子ストーリー
いろいろ、評価サイトを見てみましたがいろんな意見があるのですね。
最後にフリークス化しかけた、笛子を忍が助けるところは間違いないような気がします。
戦争編でも、フリークス化しかけた人間を救っていましたから…
ただ、その前がいまいち…
もう一回、笛子ルートだけ通してみようかなと思ってます。

・もうひとつは、沙也加ルートで最後に殺された宗多のこと。
あの状況では、いかなる事があっても助かるはずはない。
(首が180度回転して肉体が裏返るようなことが起こって助かるはずがない)
とすると、このシーンはなんだったのか?
いろんな意見がありますが…よくわかりませんでした。

まあ、そんな細かいことはさておき、十分に楽しめました。
声優さんが最高でしたし…

あずさ…みるさん(かわいい、かわいい)
沙也加…風音さん(文句なし)
葉子…夏野向日葵さん(ぽ~っとした感じが良かったです。こういう役は最高)
笛子…大花どんさん(こういう役ははまり役?)
イマ…松田理沙さん(_(^^;)ゞ かわいいですよ~もっと出番を…)
シャーリー磯下…黒崎猫さん(ちょっとイメージ違ったけどよかった。最近は、鉄道娘にも…)
フランシスシータ…ふ~りん…もっと出番がほしかった
ジーン…山田奈穂? え?あの人でしょ→ネットで調べて…やっぱ、そうだ。この、強気の少女キャラは、あの人しかいないですよね…

おまけに、各キャラのボイス(PC用、メールのメッセージとか)がついていたので、二度おいしかったです。o(〃^▽^〃)o

ではでは…。
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://tamanee.blog105.fc2.com/tb.php/178-ea5ce6de

Menu

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

リンク(バナーあり) ▼

カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

ココロ ▼

ブログ内検索 ▼

FC2カウンター ▼

FC2カウンター ▼

フリーエリア ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。