Makotoのひとりごと

雑記、二次小説とか…

スポンサーサイト

タマ姉小説(春休み)

(春休み)今日から、タカ坊たちは春休みに入った。私の大事なタカ坊を他のメスネコどもに狙われないように…毎日…「タカ坊」「…」「タカ坊…朝ですよ…起きなさい」「う、う~ん」起きないわね、じゃあ、私もベッドに潜り込んじゃおうっと…。シーツに潜り込むとタカ坊の背中から両手を回して、優しく抱きしめて…タ・カ・ぼ・う、起きなさい…って、耳元でつぶやく。タカ坊の背中はいいわ、広くて…タカ坊のにおいがして…「う~ん?あれ...

法ちゃん小説(覚醒)

空を見上げて緑の草原に体を横たえた法子と彼女を覗き込むように座っている玉ちゃん。恋人のような、兄弟のような、そんな空気が…「ねえ、玉ちゃん。」「ん?なんだ?」「最近さ、玉ちゃんって幻術で人間スタイルになってるけど、ず~と私にあわせてくれてるの?」「あぁ、まあ、そんなところだな。一応、弟分なんだろ?」「うん、そうだけど…じゃあ、どうして、しっぽとみみはそのままなの?」「お前のへたくそな変化の術にあわし...

タマ姉の誕生日(番外編)

ピンポ~ン・ピンポ~ン…誰だ、こんな朝早くから…時計を見るとまだ、8時にもなっていない。日曜日ぐらい寝かせてくれよ…ピンポ~ン・ピンポ~ン…ピンポ~ン・ピンポ~ン…わかったよ、今行きま~す。ガチャ、寝ぼけ眼でドアを開けると、そこにいたのは雄二だった。「おい、雄二、いいかげんにしてくれよ。今、何時だと思ってるんだ。日曜日ぐらいゆっくり寝かせてくれよ。」「何言ってんだよ。とにかく中入れてくれよ。」なにか、...

まほらば

最近、まほらばの梢ちゃんに恋してます。古ぅ~という声が聞こえてきそうですが、なにぶん海外在住なもので、新しいTVドラマは見れないので…梢ちゃんは、というか、梢ちゃんの分身はみんなとっても女らしくって、今の女性にはないものをすべて持っているような気がして…ちなみに『まほらば』という言葉も大好きです。「まほらば」は素晴らしい場所・理想郷を意味する古語(真秀場)だそうで、とっても梢ちゃんらしい名前です。...

法玉復活おめでとう…のつもりだったのですが…

 変化の術が解けなくなった法子に抱かれて俺は村まで帰った。道々、どうしたらこいつの術が解けるか考えていたが、俺程度の術者ではやはり無理だな…というのが結論だった。誰かに助けてもらわないとなぁ…ん?確か、こいつの長姉は、一族の中でも特別な術者だから出来るかもしれない。...

Menu

プロフィール ▼

最近の記事 ▼

リンク(バナーあり) ▼

カウンター ▼

ブロとも申請フォーム ▼

ココロ ▼

ブログ内検索 ▼

FC2カウンター ▼

FC2カウンター ▼

フリーエリア ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。